「友だちいっぱい 夢いっぱい ニコニコバリバリ 汗いっぱい」

目指す学校像おおらかなバランス感覚と薫り高いポジティブな学校文化の創造(学校教育ふじさわビジョン)、 オープンスクールを活かした授業から学習活動への転換を進めます。
目指す子ども像

・ともに育つ子(かかわりの知)

・「なりたい自分」を意識して豊かに表現する子(自己の知)

・自分の考えをもって、進んで活動する子(自己の知)

・根気強くがんばる子(状況の知)

子ども観

素直で明るく、興味のあることに夢中で取り組める子どもたちである。   
更に子ども達一人ひとりが、仲間や地域、自然との関わりを大切にしながら、豊かな子ども時代を過ごせるように自分を高めて行って欲しいと願っています。
 

石川教育の方向「生きるという人間性中心の教育」を求める。「関わり合い・学び合い・認め合い・共に育つ子」を研究しています。
私たちの基本姿勢

心して育てよ、石川の子どもたちを。

子どもとともに、育つ私たち。

石川教育創造のためのステージ

目指す子ども像の具現化

Stage1


生活のリズム

を求めて

一人ひとりの子どもが

「生きる」ことを目的にした

石川カリキュラムの創造

■ 関わり合い

■ 学び合い

Ⅰカリキュラム作り
 
・教科単元の重点化と基礎基本の重視
 ・単元の開発と実践
 ・「総合的な学習の時間」の精選と充実
 ・「ひとり学び」から「ひびきあいのある学び」の創造

Ⅱ指導と評価の一体化

 ・指導方法の改善・工夫・充実
 ・基礎・基本の充実と定着
 ・学習の個性化、指導の個別化

 ・絶対評価の意味や評価規準・基準の吟味
 ・発展学習や補充学習の充実

Ⅲ子どもの生活リズム作り

 ・基本的な生活習慣作りと創造的な生活習慣作り
 ・子どもとともに作る活動の創造
 ・子どもの学習環境の工夫と学びへの援助
 ・不登校やいじめ等への対応

Ⅳ育ちを基にした学校評価
 
・生活リズムの評価と改訂
 ・各活動の評価と改訂

Stage2


ともに

育つことを

求めて

子ども・仲間・地域から学び,

ともに育ち合うことを目的にした

実践研究の創造

■ 認め合い

■ 共に育つ子

Ⅰ大切にしたいこと

 『実践で語る→子どもを見つめそこから創造する

 →素直に耳を傾け互いに学びあう』私たち

Ⅱ教育実践研究の推進

 ・教育のプロとしての私
 ・一人ひとりの実践より学ぶ
 ・目指す子ども像からの出発
 ・私の授業の公開
 ・授業から学習への発想
 ・新しいカリキュラムの作成
 ・食教育を含めた健康教育の充実
 ・外部講師招聘による学び

Ⅲともに育つために

 ・一人の発想を皆の渦へ
 ・「皆で分かち合おう私の悩み」としての

  学級のこと、子どものこと、授業のことなど
 ・学年の連帯・連携
 ・学年会の活用と充実
 ・出張・研修等での学びを全員に

Stage3


開くことを

求めて

開かれた教室、

開かれた学校、

開かれた地域からの

学びの創造

■ 地域を愛し、誰と

  でも挨拶の出来

  る子

Ⅰ地域を学習活動の場へ

 ・本物教育の推進(キャリア教育~地域企業の科学教室)
 ・その道の専門化と連携した学習活動の実施
 ・地域の素材を活用した学習活動の実施
 ・地域を創生する子ども達
 ・保護者との連携・学校支援コーディネータの活用

Ⅱ保護者・地域との連携

 ・魅力ある学習参観、懇談会などの企画と実施
 ・保護者・地域の人が共に参加する活動作り
 ・「みんな石小会」との連携、連帯

Ⅲ開かれた学校として

 ・保護者や地域・他校への学校公開、プレゼンテーション
 ・地域や市と連携した行事への参加

 ・学校評議員、民生委員等との連携・充実
 ・HPの公開・充実

安全な学校生活

 ・安全対策と被害防止

 ・安全マップ作り
 ・保護者、地域との連携