4月27日(木)、28日(金)

5年生のみんなが、自分の体力や運動能力がどのくらいあるのかを測定しました。

これは、スポーツ庁が「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」として実施しているものです。

<握力><上体起こし><長座体前屈><反復横とび><20mシャトルラン><立ち幅とび><ソフトボール投げ><50m走>の8種目の記録をとるため、みらい創造財団の担当の方やスポーツ推進委員の方々 20名近くの方が測定員として来校されご協力くださいました。(50m走はグランドコンディションが良くなかったため、別途各クラスで記録をとります)

どのクラスも、測定員さんの説明をよく聞いて真剣に取り組んでいました。

現在の体力や運動能力を知って、これからの体づくりを少しでも意識して行っていけるといいですね。

『しっかりと体力をつけたり運動能力を高めたりしていけるのは、20歳までです。そして、高齢になっても元気な体で生活していけるかが決まります。だから成長期の今、体育等でしっかり運動をしたり、20分休みや昼休みに体を動かして遊んだりすることを一生懸命やっていきましょう。』という担当の方のお話がありました。

今後、中学2年生で、また同じ種目での測定調査を行うこととなります。今回の記録よりアップするよう、日頃から「体づくり」を心がけていきたいですね。(睡眠や食事も合わせて大事にしていきたいですね)

 

立ち幅とび              長座体前屈

  

上体起こし              反復横とび

  

ソフトボール投げ           20mシャトルラン