6月13日(火)、2年生がクラスごとに、「あんしん教室」を実施しました。

あんしん教室の講師の先生は、警備会社アルソックの方々です。

もし、『知らない人』に声をかけられたら、どうしたらよいのかをみんなで相談したり、簡単なロールプレイをしながら考えたりしました。

「いかのおすし」をヒントワードとして、対応の仕方を言葉にして、確認しました。

(知らない人に ついて)「いか」ない

(知らない車に)     「の」  らない

             「お」  おごえをだす

             「す」  ぐにげる

               「し」  らせる

やはり子どもたちは、「不審者」を、サングラスをかけている人があやしい、防止をかぶっているからあやしい、怖い顔をしているからあやしい、ニコニコしているから優しい人そう、背広を着ている人だから真面目な人そう・・・と、『見た目』で判断してしまっています。

基本は『知らない人にはついていかない!』です。

ご家庭でも、安全安心のために、ぜひ話し合ってみてください。