本日は、6年生が修学旅行の代休のため、保護者の方々を対象に給食試食会を行いました。

栄養士から、給食にまつわる様々な話を聞き、この日に子どもに提供されている給食と同じメニューを実食していただきました。

82名もの方々の参加があり、大盛況でした。

参加された方々からの声をご紹介します。

  • 鯛めし、おいしかったぁ~!ごちそうさまでした。栄養士さん、調理員さん、毎日本当にありがとうございます。何度か参加させていただいている試食会ですが、いつもとても勉強になります。我が家の筑前煮、大豆を入れるのが定番になりました。これからも、いいところをどんどん取り入れたいと思います。                 
  • 子どもの一押しメニューだったので、とても楽しみに食べさせていただきました。私は吉野汁が大好きになりました。野菜もたくさん入っていて、とてもおいしかったです!キュウリの香り漬けもおいしく、今度私も挑戦してみようと思います。常備菜にもなると言うことなので、がんばってみます!ごちそうさまでした。
  • 大変おいしくいただきました。歯ごたえのあるメニューだったので、満腹でした。本当に満足感のある給食で、子どもが「毎日の給食がおいしい!」と言っていたことが納得でした。ありがとうございました。
  • どうしても食べてみたかった給食のベスト5に入っているメニューでした。期待通り、とてもおいしく、丁寧に作ってあって感激しました。栄養士さんのお話も、毎度聞く度に家庭に持ち帰って考える良い機会となっています。
  • 鯛めしの味が薄いと思ったけど、おかずもあるしちょうど良かった。家で混ぜご飯や炊き込みご飯をすると、もっと味を濃くしてしまう。キュウリの香り漬け、家でもプリントを見ながら作ったとき、(きゅうりをこんなに煮て大丈夫?)と固いまま出して「何か違う」と子どもに言われたのですが、けっこうしっかり柔らかく煮るのですね。
  • 前に住んでいた自治体より給食費が1000円ぐらい高くなったので、今回参加させていただいたのですが、お話を聞いて納得できました。子どもたちの身体にいいものを提供していただけているのだなと思いました。始業式の翌日から終業式の前日まで提供していただけたらうれしいです。
  • 今日の試食会メニューもとてもおいしかったです。鯛めしは、色の割に味が優しく、ホクホクしていました。吉野汁も具だくさんで、出汁の味がしっかりしていておいしかったです。ただ、子どもたちは給食をおはしだけで食べているのでしょうか?鯛めしがポロポロしているので、おはしだけで食べるのは、特に低学年では難しいのでは?おはしを使うのも大事ですが、時間も短いですし、スプーンの使用も必要だと思いました。

※(学校よりお答えします。貴重なご意見ありがとうございます。本日の給食は、完全な『和食』です。皆様もご存じの通り、平成25年12月、「 和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。ですから、できるだけおはしを使って食べて欲しいという願いも込められています。このように給食には「食育」という観点も入ってきます。食を通して日本人としての文化も学んでもらえたら、どんなにすばらしいでしょう。この機会に、ご家庭でも和食の良さを見直し、おはしも上手に使えるように練習していただけるとうれしいです。)

  • 鯛の身を一つ一つ丁寧にほぐしていることにびっくりです。子どもがいつも「今日も給食、おいしかった!!」と言うのも納得です。大人数の食事を美味しく、予算内で、安全でという六会小学校の給食を作ってくださる方に感謝します。

 

なんだか、学校側がお褒めの言葉ばかりを選んで掲載しているように思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません!みなさんが「美味しかった!」「六会小の給食がいい」と言ってくださっています。本当にありがたいことです。栄養士、調理員共々大変元気づけられました!もっともっと安全で美味しい給食が提供できるようにこれからもがんばります!!