今日は午前中から学校評議委員会が開かれていて、評議員の皆さんにも給食を召し上がっていただきました。その会話の中で、白いんげん豆を家庭で調理することは少ないですね、という話になりました。確かに白いんげん豆に限らず、豆をコトコトと煮込むような料理はほとんどしない気がします。また、豆を使うときには調理済みの缶詰や、パックに入ったものに頼ることが多いですね。給食では素材から手をかけ、丁寧に味付けをして仕上げてくれています。ありがたいことですね。ごちそう様でした。(校長)