たいへんご無沙汰しています。実は先週、インフルエンザにかかってしまい、月曜日までお休みをいただいていました。インフルエンザにかかるのは、13年ぶりだったのですが、これが結構強烈で、病院の待合室でベンチにうずくまってしまうほどでした。

給食を食べられない自宅では、療養1日目に、とても風味のいいだし汁で作った温かい煮込みうどんが心と体を温めてくれ、発熱で消耗した体を癒やしてくれました。

そして復活の前日は豚肉を山盛りにしたそばを作り、もりもり食べて学校での仕事に備えました。

しっかり休養して、久しぶりに学校に出てきて、まず、一番嬉しかったのは、子どもたちの笑顔に再会できたことです。子どもたちの声でスイッチが入るような気がします。そして、二番目に嬉しかったのは、やっぱり給食の時間です。

11時を過ぎると時計が気になって仕方ありません。そんな大好きな給食の今日のメニューは、ごはんと鯖味噌、そして、よしの汁。鯖は缶詰が健康に良いとテレビでも話題になりましたが、給食の鯖味噌は、さすが手作りの味といった感じがして、白米との相性もばつぐんでした。

健康で給食を美味しく食べられるのは、本当に幸せなことだなと、しみじみと感じた1日でした。皆様もどうかお身体を大切にしてください。(やっと復活した校長より)