先日、実家に帰り久しぶりに母親が作ったカレーを食べたのですが、これがまたおいしいのです。

もちろん、カミさんの作ってくれるカレーや、給食のカレーも大好きなのですが、いわゆる ”お袋の味” ということなのでしょうか、2回もおかわりをしてしまいました。

母親が作るカレーは市販のカレールーを使い、豚肉と人参、ジャガイモ、タマネギといったよくある具を入れ、普通にいつもの鍋で煮込むだけ。

なのにどこか違うのです。不思議なものですね。

皆さんのご家庭では、いかがですか?

「やっぱり ”お袋の味” はいいなぁ」

なんて、子どもたちが将来言ってくれると嬉ですよね。

でも、これからの時代 ”おやじの味” というのも子どもたちの味覚をつくっていくのでしょうね。(校長)