今年度最後の給食は ”お赤飯”でした。学校のお赤飯には栗が入っているのです。

パクパクだよりに書いてありますが、このお赤飯は、6年生の卒業をお祝いする意味と1年生から5年生までの ”修了” をお祝いするためのものです。

私が子どもの頃、お店で売っているお赤飯は、もっと赤かった記憶があります。きっと着色料を使っていたのでしょうね。

最近では、いかにも着色しています、というようなお赤飯は見かけなくなりましたね。

1年間、おいしい給食を食べられてとっても幸せでした。(校長)