藤沢市小学校教育研究会 会則

第一章   総   則

第1条 本会は、藤沢市小学校教育研究会という。

第2条 本会の事務所は、会長の定める学校におく。

第3条 本会は、藤沢市立小学校・養護学校教育の振興を図ること、及 び、会員が相互に研究を深め、資質の向上を図ることを目的とする。

第4条 本会は、藤沢市立小学校・養護学校に勤務する教職員をもって組織する。

第5条 本会は、第3条の目的を達成するため、つぎのことを行う。

   1.小学校・特別支援教育の研究に関すること

   2.会員相互の研修に関すること

   3.その他、本会の目的達成に必要なこと

第二章   機   関

第6条 本会に次の機関をおく。

   1.総会  2.役員会  3.運営委員会  4.研究部会

第7条 総会は年1回開く。ただし、必要に応じて臨時総会を開くことができる。

   臨時総会は、運営委員会が必要と認めたとき、または、会員の5分の1以上の要求があったときに開く。総会、臨時総会は、会員の半数以上の出席を必要とし、つぎのことを行い、議決は多数決による。

   1.会則の改正  2.事業計画に関すること  3.役員に関すること

   4.予算及び決算に関すること  5.その他の重要事項

第8条 役員会は、会長・副会長・書記・会計をもって構成する。

   役員会は、必要に応じて会長が招集し、つぎのことを行う。

   1.本会の運営に関すること

   2.運営委員会に提出する事項

   3.その他、会務の処理に必要な事項

第9条 運営委員会は、役員、研究部の部長、及び、各校選出の学校代表者1名をもって構成する。

   運営委員会は、必要に応じて会長が招集し、つぎのことを行う。

   1.総会に提出する議案の作成

   2.研究部の運営に関する連絡・調整及び部の新設・改廃に関すること

   3.会長・副会長及び会計監査委員の定数の候補者の推薦

   4.その他、会の運営に必要な事項

第10条 本会は附則にある研究部をおき、会員は希望の部に所属するものとする。

   各研究部には、部長1名、副部長1名をおき部の運営にあたる。

   正・副部長は各研究部員の互選による。

第三章  役   員

第11条 本会に次の役員をおく。

   1.会 長 1名   2.副会長 2名

   3.書 記 1名   4.会 計 1名

第12条 役員の任務はつぎの通りとする。

   1.会長は、本会を代表し会務を司る。

   2.副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときはこれを代行する。

   3.書記は、会の事務を行う。

   4.会計は、会の経理を行う。

第13条 役員の選出はつぎによる。

   1.会長・副会長は、運営委員会で定数の候補者を推薦し、総会の 承認を得る。ただし、運営委員会で推薦したあとでも、所属学校の推薦があれば立候補を受け付け、総会で選出する。

   2.書記・会計は、会長が委嘱する。

第14条 役員の任期は1年とし、再選を妨げない。

第四章  会   計

第15条 本会の経費は、会費・助成金・その他をもってあてる。会費は年額500円とする。

第16条 本会に会計監査委員2名をおき、会計を監査する。

   会計監査委員は、運営委員会で推薦し、総会で承認を得る。

第17条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

附    則

   本会の会則は、昭和50年5月21日より施行する。

昭和56年4月20日 会則一部改正(児童文化研究部新設)

昭和57年4月20日 会則一部改正(第15条の会費改正)

昭和59年10月24日 会則一部改正(栄養士部新設。ただし、昭和60年度より給食部とする。)

昭和62年5月12日 会則一部改正(特殊教育部を障害児教育部とする。)

平成2年5月15日 会則一部改正(生活科部、国際理解部を新設。ただし、平成3年度より発足。)

平成4年5月13日 会則一部改正(第15条の会費改正)

平成8年5月10日 会則一部改正(視聴覚部を教育メディア部、国際理解部を国際教育部とする。)

平成14年5月7日 会則一部改正(総合的な学習部を新設。ただし、平成15年度より発足。)

平成21年5月8日会則一部改正(外国語活動部を新設。ただし、平成22年度より発足。)

研究部

国語  社会科  算数  理科  生活科  総合的な学習  音楽   図画工作  家庭科  体育  道徳  特別活動 支援教育 教育メディア  図書館教育  学級経営  児童文化  保健  給食  国際教育 外国語活動