本日3校時目の1年4組の授業は理科の実験でした。単元は「溶解度と再結晶」、目的は「水溶液から溶質を取り出す実験を行い、その結果を溶解度と関連付けて理解する」。最初に授業者の長嶋美希先生から実験の手順等についての説明があり、そのあと生徒たちはグループごとに実験をはじめました。一人ひとりがそれぞれの役割を確認しながら作業を進める中、長嶋先生は各グループをまわってきめ細かく声をかけたり指示をしたりしていました。生徒同士の主体的で豊かなコミュニケーション活動が見られ、充実した実験の授業でした。

       

      プラカップにミョウバンを入れて     ミョウバンを冷まして

       

        種結晶を埋め込んで       長嶋先生から「それ完璧!」