本日13時15分から本校体育館において、ようこそ先輩 in 湘南台」が開催されました。この行事は湘南台地区郷土づくり推進会議、湘南台地域協力者会議が主催し、今年で8回目を迎えます。さまざまな分野で活躍されている方を先輩講師としてお招きし、将来の生き方を考えるきっかけづくを目的に行われる公開授業です。対象は1年生、保護者、地域の皆様です。

 今回は、すだれ職人(天然素材インテリア製造)の小寺敏夫さん、洋菓子職人パティシエの甲斐正延さん、大学教員(研究者)の東海林祐子さんにお越しいただき、貴重なお話をしていただきました。

 「自分の得意なこと、好きなことはトコトンやる」「創造性を養うには夢をもつこと、チャレンジすること」「活動の中での悩み、それを解決する過程で失敗したり悩んだりすることは一つの練習」など、一流の方々ならではの貴重なお言葉をいただくことができました。

      

      “すだれを海外へ” 小寺さん   “得意なことはトコトン” 甲斐さん

      

      “心を可視化する” 東海林さん    積極的に質問する生徒