日時:2017年7月27日(木)9:00~

場所:教育文化センター 大会議室

講師:横浜高等教育専門学校講師 吉田 豊香 氏

 

◇ はじめに 【吉田 学校人材育成支援員】

  

  「授業づくりパワーアップ講座② ~道徳編~」として「授業でめざすもの、知っておきたいこと」「授業のポイント」をテーマに当センター道徳研究部会の3人の先生の実践報告と、吉田 豊香 横浜高等教育専門学校講師の運営のもとそれぞれの実践に共通する良いところや改善すべきことを受講者自身が考察し、深めてつつポイントを学ぶ研修講座を実施しました。
 スタッフ、土曜研修講座のねらい、本日ねらいと流れを紹介し、スタートしました。

 

◇ アイスブレイキング (人間関係を温かくするゲーム等) 【新屋敷 学校人材育成支援員】

 

 パーツゲーム「何ができるかな?」:ある機械・道具のパーツを一人ひとりが1つずつもち、お互いに見せ 

合い検討し、何の機械・道具かを考える。また足りないパーツが1つあることに気づくゲームを実施しまし

た。 

 

◇ 授業づくりパワーアップ講座② ~道徳編~

*当センター道徳研究部会部員3人の実践報告

横浜高等教育専門学校講師 吉田豊香 氏のコーディネートのもと、実践報告が行われました。

 

八松小学校 青木教諭の発表

 

高砂小学校 尾崎教諭の発表

 

大道小学校 河原崎教諭の発表

 

 

受講者がグループになりそれぞれの発表の良かったところをシェアしました。

 

 

さらに改善すべきアイデアをそれぞれ語り合いました。

 

グループで話し合った、「良かった所や改善した方がよいと思うところ」を実践報告者へフィードバックしました。

 

 

最後に吉田豊香 氏から「道徳の時間の特性」「特別の教科『道徳』として教科になるということの意味」「教科書の位置づけ」「道徳授業のチェックシート(教師用・児童生徒用)」等について講話がありました。

 

◇ 考える【ファシリテーター:新屋敷 学校人材育成支援員】

 

 

 

  研修内容と自分の価値観とを融合させ、自分と向き合う時間をとりました。思考回路図に記載するウェビング手法の一つを学ぶとともに、実際に使用しました。

「教え・考える授業」手法や本研修の理念を説明

 

◇おわりに 【吉田 学校人材育成支援員】

  

  今後の土曜研修講座『子ども理解編』『社会科編』の案内や「授業力向上研修講座」の案内並びに「夏の研修講座」全般と申込み方法等について説明しました。最後にふりかえりを実施し、終了しました。