今年も西浜サーフライフセービングクラブの方をお招きして、服を着たまま水に落ちてしまったときの対応について教えていただくことができました

着衣のまま、または靴をはいたまま泳ぐことはとても難しいことです

緊急時は自力で泳ぐよりも、慌てずに浮いて助けを待つことが大切です

今回はまず水に浮くことの練習となりました

水に落ちた人を見たら、近くの大人に教えるとともに、浮力のあるものを探して近くに投げてあげることも教えてもらいました

だいぶ楽に浮けるようになりました

命を守るためには長く泳げることよりも、長く浮いていられることが大切だということがわかりました

最後に実際の救助の方法を見せてもらうことができました

海や川で水遊びや釣りをする機会も多いかと思いますが、安全に注意して楽しい夏休みを過ごしてほしいです