1月28日(火)
神奈川フィルハーモニー管弦楽団によるゆめコンサートが、大道小学校の体育館で行われました。
体育館にいつもは見ない、フルオーケストラの楽器の楽団員の方が並び、圧巻でした。
生の音は本当に素晴らしく、迫力あるものでした。
 

また、子どもたちとオーケストラが共演するコーナーもあり、低学年は1年生が打楽器、2年生が鍵盤ハーモニカ、3年生がリコーダーで「おもちゃの交響曲」を一緒に演奏しました。合図に合わせて、上手に演奏することができました。
 

高学年はリコーダーで、「威風堂々」を演奏しました。さすが高学年。オーケストラと素敵なハーモニーでした。
 

そして、今年新たに作ったオリジナル曲「きらきら大道」を、オーケストラの伴奏で歌いました。
素敵な歌声と、オーケストラの音色が体育館にあふれ、とても感動的でした。

最後には、校歌をオーケストラバージョンの伴奏で、いつもとは違った雰囲気で歌うことができました。
素晴らしい時間を作ってくださった神奈川フィルハーモニー管弦楽団の方々に感謝です。

  お礼に児童手作りの花束とメダルをプレゼントしました。