7月6日(火)、梅雨の合間をぬって2年ぶりに、5年生がプールで学習を行いました

通常の水泳学習ではなく、いわゆる着衣泳です

西浜サーフライフセービングクラブの現役ライフセーバーの方々から直接ご指導いただくことができました

着衣のまま泳ぐとどんな感じなのかを体験したことがあるとないとでは、万が一のときの行動に大きな違いが出てきます

水泳が得意な人も、服を着ていると全然進みませんし、靴をはいているとあおり足ができないので立ち泳ぎも難しくなります

ですので万が一、着衣のまま水に落ちてしまったら、慌てずに体力の消耗を抑えつつ、浮いて助けを待つのが正解です

スニーカーやクロックスなどは空気が入っていたり軽いので、足も浮きます

もし水に落ちた人を見つけたときは、大人に知らせることやペットボトルなどの浮く物を近くに投げてあげるコツも教えてもらいました

最後に、レスキューチューブを使った実際の救助の仕方のデモンストレーションを見せていただくことができました

水に落ちる事故原因の第一位は「つり」だそうです

海や川ではできるだけライフベストをつけましょう

助けられる側でも、助ける側でも、知っておくとよい大切なことを学ぶことができました