5月24日(火)、藤沢市小学校・特別支援学校体育大会が善行の県立体育センターで行われました

この日までに各クラスで話し合いや練習をする中で、友だち同士の絆も深まっていきました

とてもよい天気

今年の応援席はバックスタンドです

開会式では3組の水谷さんが、会場にいる人みんなの心をつかむ素晴らしい選手宣誓を堂々と行いました。

(宣誓原文は一番下にあります)

50m走

800m走

走り幅跳び

混合リレー

大縄とび

400mリレー

本格的なトラックやフィールドで、どの子も練習の成果を発揮しようと精一杯頑張っていました

他校の児童との交流も見られ、貴重な経験ができた一日でした

これからも一つ一つのことに真剣に取り組み、経験を重ね、より素敵な人に成長してくれることを願っています

 

(選手宣誓原文)

宣誓           

今日、私たち6年生は、無事、体育大会を迎え、いま、ここに集まることができました。

 

私たち、小学校6年生は、2010年、2011年に生まれました。

日本にとって、忘れてはいけない年、2011年、3月11日。

東日本大震災では、たくさんの方が亡くなられました。

そのとき、僕たちの家族は、命を守ることに、必死だったそうです。  

 

今日、私たちが、無事こうして6年生を迎え、一同がここに集まれたことは

決してあたりまえのことではなく、たくさんの方の努力と、協力があったからです。

 

今、自分たちにできることは、最後まであきらめずに、

自分のベストを尽くすことです。

今まで支えて下さった、家族、地域の方々、学校の先生方、友だち、

そして今日、体育大会を開催するにあたり、

関わってくださった方々への感謝の気持ちを、自分たちの頑張る姿で、返します。

 

今日まで、一つの目標に向かって練習できたこと、

そして今日、市内の6年生が、集まり、新しい思い出を刻めることを

とても嬉しく思っています。

 

最後まで競技を楽しみ、応援し、相手への尊敬の気持ちを忘れず、

スポーツマンシップにのっとり 全力を尽くすことを、ここに誓います。

 

大道小学校 6年3組 水谷 篤