5年生の着衣泳の授業風景です。

全員、長袖と長ズボンを身につけてプールに入ります。

まずは、同じ方向にぐるぐるまわり、川のような流れを作ります。

笛の合図で逆回りに進みますが、水の流れと衣服をきていることによる動きにくさで、なかなか前に進めません。

 衣服を身につけたままで水に入ったときの動きにくさを体験することで、万が一川に転落したときに少しでも落ち着いて行動できるようにという授業でした。