先日は着衣泳の職員研修を実施しましたが、今日は5年生の子どもたちに着衣泳を体験してもらいました。

小森先生の話を真剣に聞いています。

 

着衣のまま水に入ったときの衣服の重さや、体の動きにくさを感じてもらっています。

次は、着衣のまま水に落ちたときの背浮きの練習です。

次は、ペットボトルを使って浮いてみる体験です。

この学習が実際に使われないことが一番なのですが、いざというときには命を守ることにもなるので、とても大切な学習だったなと実感しました。(校長)