引き続き、午後の部です。相変わらず日差しが強く、暑いですが、何とか休憩時間を取りながら、予定通り続けます。係の先生たちのチームワークと、子どもたちの動きが良く、スムーズに進行できています。

午後の部は2度目の応援合戦から始まります。今度は応援席を中心に赤白が元気を競い合います。

1年生の「なかよし玉入れ」です。曲が流れると輪になってダンス、曲が止まると玉入れ、を繰り返す楽しい競技でした。1年生のみんな、とってもかわいらしくがんばりました!

そして、3・4年生による伝統の「大庭ソーラン」です。この日のために一生懸命に練習してきました。はっぴ姿もりりしい3・4年生。背中には思い思いに選んだ漢字一文字が記されています。そして、みんなで協力してつくった鮮やかな大漁旗。旗手たちによる堂々としたパフォーマンスで始まります!ご覧になっていた平岩教育長からもお褒めの言葉をいただきましたよ。

ここで、午前中と同じように、休憩時間を入れました。依然として暑いです…。

そして、休憩の後は、5・6年生。「瞬間、気持ち重ねて」と題した、組み体操とダンスです。組み体操はメンバーがそろわないと練習が難しいうえに、6年生は修学旅行と重なって、大変だったと思います。でも、当日はしっかり仕上がっていました。堂々とした演技は、さすが高学年。一人ひとりの顔が輝いているようでした。

ここまでで、得点は赤組がリード。7年ぶりに赤組が優勝する可能性が出てきました。勝敗を賭けて、高学年リレーが始まります!

ご覧のとおり、白が優勢な結果となり、赤を追い上げます。最後の種目はまさに「最終決戦大玉送り」!

ここでも白が踏ん張り、赤に勝利しました。さて、結果は…?全員がドキドキの得点発表です。

結果はわずかな差で赤の勝ち!7年ぶりの勝利だそうです。白組もよくがんばりました。閉会式の校長の挨拶では、子どもたちをほめる言葉が見つからず、思わず「日本一の運動会でした!」と言ってしまいました。拍手を下さった保護者、地域の皆様、ありがとうございました。そして、一日暑い中子どもたちを応援してくださったことにも、心から感謝いたします。ありがとうございました。

さらにもう一つお礼を申し上げなくてはなりません。閉会式の後、学級担任が子どもたちを連れて教室に戻り、帰りの会をしている間、大勢の保護者の方に会場の片付けをお手伝いいただきました。毎年のことですが、ほんとうに助かりました。ありがとうございました。