寒い日が続きますが、今年は例年に比べて少し気温が高く、時折雨が降るためか、インフルエンザにかかる児童が少なく、学級閉鎖も大庭小学校ではまだありません。

先週から、昼休みを使って、冬の大庭小学校名物・ドッジボール大会が、体育委員会の主催で行われています。20分休みに練習をするクラスも多く、大会はとても盛り上がっています。今日(1月22日)には、低・中・高学年各1試合が行われ、応援の児童も含め、校庭に熱気があふれました。

中学年の部では、4年1組対4年2組の同学年対決。4年生はこれまでも毎日のようにドッジボールを楽しんでいて、さすがにハイレベルな戦いでした。結果は1組の勝ち!

低学年の部は、これも2年2組対2年3組と2年生同士です。低学年はコートが小さいので、ボールが流れることがなく、試合がスピーディです。強く投げられる子もいて、けっこう迫力ある試合でした。結果は2年2組の勝ち!

そして、高学年の部は、6年1組対6年2組。6年生も休み時間の練習に熱が入っていましたが、さすがに大迫力の試合で、相手が投げたかなり強いボールをキャッチする場面もあり、歓声が上がりました。結果は6年1組の勝ち!

大会はトーナメント方式で、予定通りなら来週、決勝が行われます。体育委員会の5・6年生にとっては毎日昼休みに準備、審判と忙しい日が続きます。がんばってくれてありがとう!

おまけです。一昨日(1月20日)2年生が大根の収穫を行いました。先生たちの工夫もあって、今年は大豊作!さっそく今日からクラスごとに大根餅づくりを行っています。保護者の皆様にも大勢ご協力いただいています。ありがとうございます!