12月 2日(土)

 学校運営協議会(コミュニティ・スクール)主催事業として、ペンキ塗りボランティアを行いました。
 現在、本校の校舎は外壁修繕と塗装の工事が行われていて、来年の2月末までに終了する予定です。そこで、
「校舎がきれいになるのであれば、その他の場所もきれいにすることで、子どもたちも気持ちよく学校生活を送れるのではないか。」
 そんな思いの下、学校のいろいろなところを塗装してきれいにしていこうという活動の第1弾です。校舎の中を塗装する案もあったのですが、ペンキが垂れてしまったり、必要のないところにペンキがついてしまったりということがありそうなので、まずは外から始めようということになりました。
 今回塗装したのは校庭に面しているプール外周のコンクリート壁です。
 開校以来42年間塗装・洗浄されたことのない壁はかなり汚れていて、このままでは塗装をしても綺麗になりそうもありません。そこで、塗装屋さんに入っていただくことにしました。11月26日(日)に壁の洗浄をしてくださいました。汚れていた壁がどんどん綺麗になっていきます。流れる水は真っ黒で、コンクリートの中に入り込んだ汚れが落ちているのがよくわかりました。また、ペンキ塗り前日の12月1日(金)にもお越しくださり、下塗りをしてくださいました。

 さて当日、作業開始の10時に、ボランティアで来てくださったのは、事前のお申し込みをいただいていた18名をはじめ、お子さんも含めて30名ほど。用意したローラーや刷毛が足りないくらいの盛況でした。
 ペンキの色は、プールということと、塗った実感がある色ということで水色にしました。
 この日も塗装屋さんが来てくださって、簡単なアドバイスをいただきながら、みんなで楽しく作業ができました。校庭側もプール側も塗ることで、長持ちするとのことでしたので両側を塗りました。プール側ではペンキが垂れてもいいようにマスキングが必要ですが、この作業も前日に塗装屋さんがやってくださいました。
 1時間ほどの作業で完成した壁の前で記念写真。
 綺麗に仕上がりました。
 参加された皆さんの感想は、予定が合えば参加したいというものが多かったので、次の機会も考えてみようと思いました。

 今回、このペンキ塗りボランティアを実施するにあたり、お世話になった「健塗装」さんは、ペンキ代以外の人件費や道具の準備、マスキングまで無償でやってくださいました。本当にありがたい限りです。
 おかえりの際に「たかやサポーター」の缶バッジをお渡ししたことを申し添えます。

 参加された皆さま、お疲れさまでした。ありがとうございました。
 2回目はどうなるかわかりませんが、機会がありましたらまたご参加ください。今回参加できなかったみなさまも、ぜひ!