本校の新型コロナウイルス感染症に関する「新しい生活様式」につきましては、皆様のご理解ご協力をいただき、心から感謝申し上げます。

 藤沢市立学校では、新型コロナウイルス感染症の感染やその拡大のリスクを可能な限り低減しつつ、教育活動を継続し、児童生徒の健やかな学びを保障するよう対策を講じております。新型コロナウイルス等の感染症予防対策のため、児童の出欠席について次のことをご協力お願いいたします。

次の症状のいずれかがある場合は児童の出席を停止し、学校にご連絡ください。
【出席停止等の対象基準】 
① 比較的軽い風邪の症状や【発熱の基準】にある発熱が1~3日間続いたための出席停止
② 風邪の症状や【発熱の基準】にある発熱が4日続いたための出席停止 
③ 息苦しさ、強いだるさ、高熱等の強い症状があるための出席停止 
④ 風邪の症状や【発熱の基準】にある発熱がなくなった後、経過観察のための出席停止 
⑤ 児童生徒が濃厚接触者(同居家族が感染した場合など)となった場合(疑いを含む)
⑥ 海外からの帰国による自宅待機期間中にあたる場合 
⑦ 持病があり感染すると重症化する恐れがある場合
⑧ 保護者が児童生徒の感染を心配し、登校を控える旨の申し出があった場合
⑨ 児童生徒が新型コロナウイルス感染症に感染した場合

※ 風邪の症状とは、保健所の届け基準に基づき「呼吸器症状、咳、たん、鼻水、息苦しさ(呼吸困難を除く)等」が該当します。発熱がなく、風邪の症状のみでも出席停止の対象となります。

なお、藤沢市教育委員会では発熱の基準を次のように定めています。
【発熱の基準】 
1 平熱が37.0度未満の場合 検温の結果、体温が37.5度以上の場合は、体調不良がなくても、出席停止とする。
 感染症法では、発熱とは37.5度以上と定義されているが、検温した結果、体温が37.5度未満であっても、平熱より0.5度以上高く、かつ、体調不良(だるい、食欲不振、嘔気など)がある場合も、発熱の可能性があるため、出席停止とする。

2 平熱が37.0度以上の場合 平熱より0.5度以上高い場合は、症状がなくても出席停止とする。
 検温した結果、体温の上昇が平熱より0.5度未満であっても、体調不良(だるい、食欲不振、 嘔気など)がある場合も、出席停止とする。これまでに保護者からかかりつけ医等に当該児童生徒の平熱や発熱の基準について相談したことがあれば、出席停止とする参考にすること。 

※「1」「2」で出席停止となった場合は、保護者はかかりつけ医等に受診や電話等で相談し、登校の可否を確認してください。

 なお、わからない点や疑問点は学校までお問い合わせください。