1時間目に2年生の英語の授業におじゃましました。題材はピーターラビットの物語で、少人数授業(クラスの半分)でした。徹底的に物語を読み込む授業で、ペア、グループ、全体と形態を変えて読む、先生について2回ずつ読む、お手本と同時に読む、ペアで一文ずつ読むなど、あの手この手で徹底的に読み込んでいました。最後は文を覚えることにもチャレンジしていました。ネイティブに近いスピードで読み、レベルが高いと感じましたが、活気があり生徒が育っていることを感じました。