(藤沢市立片瀬中学校いじめ防止対策基本方針)

 
片瀬中学校は
お互いの人格を尊重し安心して通うことの出来る学校を
全生徒・教職員でめざします。
 
1 基本的な考え方
 
 本校では、「互いの人格を認め、尊重し合い、協調する人となる」ことを教育目標の第一に掲げています。我々職員はすべての生徒の人権を守り、保障し、安全で楽しく学校生活が送れることを目指しています。
 
 いじめは、それを受けた生徒の教育を受ける権利を著しく侵害し、その心身の健全な成長及び人格の形成に重大な影響を与えるだけでなく、その生命又は身体に重大な危険を生じさせるおそれがあるものです。
 
 本校では、すべての生徒がそうした行為を行わず、また認識しながら放置することが無いよう、いじめが心身に及ぼす影響や問題性の理解を深め、家庭や地域、関係機関との連携を大事にして、いじめのない学校をめざしていきます。
 
 
(いじめの禁止)
 本校生徒はいじめを行ってはいけません。また、どんないじめも許しません。
 
(学校及び教職員の務め)
 学校及び教職員は、すべての生徒が安心して楽しく過ごせる学校生活や教育活動をめざし、学校全体でいじめの未然防止と早期発見に取り組むとともに、いじめが疑われる場合には、適切かつ丁寧にこれに対処し、再発防止に努めます。
 
(家庭との連携)
 生徒に道徳観や規範意識などを身につけさせ、「他者を思いやる気持ち」や「いのちを尊ぶこころ」を育むためには、学校の教育活動だけでなく、家庭での取り組みや協力も大切です。学校と家庭は連携していじめの未然防止に取り組み、事案の対応にあたっても、いじめを受けた生徒と行った生徒の双方の保護者を支援し、問題のよりよい解決に努めます。
 
(地域との連携)
 生徒が社会性や規範意識を身につけ、人との関わりを学ぶためには、学校の道徳や教育活動だけでなく、様々な機会を通じて多くの大人たちと接する中で、学校以外の人間関係を形成し、大人たちから存在を認められることも大切です。本校ではPTAや地域の関係団体等と連携して、地域社会全体で生徒を見守り、健やかな成長を促す体制を構築していくことをめざします。
 
(生徒会等生徒の自主的活動)
 本校は、生徒会などで生徒たちが自ら行う関係作りの取り組み「あいさつ運動」「ノーチャイムデー」等を支援し、生徒とともによりよい集団作りや人間関係の構築、いじめの防止等に取り組みます。
 
2 いじめの防止等に関する内容
 
(1)いじめの未然防止のための取り組み
  • 生徒一人ひとりが心の通い合う人間関係を自ら構築できるように、すべての教育活動を通じて、豊かな情操と道徳心を培うための道徳教育及び体験活動等の充実を図ります。
  • 生徒が自主的に行う集団作りや関係作りの取り組み「あいさつ運動」「ノーチャイムデー」「意見箱」「委員会活動」等やいじめ防止に資する活動に対する協力、支援を行います。
  • 交流活動や行事、ボランティア活動等を通して、保護者並びに地域住民、その他の関係者との連携を深め、地域で生徒を見守り育てる体制作りに努めます。
  • 本校全教職員が生徒理解やカウンセリング・マインド、いじめの対応等について、校内外での研修や職員会議、事故防止会議等を通して理解を深め、対応能力の向上に努めます。
  • 生徒を見守り、小さな変化も見逃さないために、生徒とかかわる時間を多くするように努めます。
 
(2)いじめの早期発見のための取り組み
  • いじめを早期に発見するための調査を次のとおり計画します。
  1. 生徒対象学校生活アンケート(いじめアンケートも含む) 年3回
  2. 家庭訪問、教育相談等を通じた学級担任よる生徒、保護者からの聞き取り調査 年4回
  •  生徒及び保護者が学校生活やいじめに係る相談が行うことができるよう次のとおり、相談体制の整備を行います。
  1. スクールカウンセラーとの面談
  2. 学級担任やその他の職員との面談
  • 相談・通報のあった事案は、情報共有を図り、早期対応に努めます。
  • いじめの防止等のための対策に資する研修を年間計画に位置付けて実施し、職員の資質向上を図ります。
 
(3)いじめの早期解決のための取り組み
  • いじめに係る相談を受けた場合は、すみやかに事実の有無の確認をします。
  • いじめの事実が確認された場合は、いじめをやめさせ、その再発を防止するため、いじめを受けた生徒・保護者に対する支援と、いじめを行った生徒への指導及び支援、その保護者への助言等を継続的に行います。
  • いじめを受けた生徒が安心して学習するために必要があると認められるときは、保護者と連携を図りながら、別室学習・自宅学習等いじめた生徒に対し適切な措置を講じます。
  • いじめを見ていた生徒等にも自分の問題として捉えさせ、人に知らせる勇気を持つよう指導します。
  • はやしたてたり、同調している生徒に対しては、それらの行為がいじめに加担する行為であることを理解させるよう指導します。
  • いじめの当事者間における争いを生じさせないよう、いじめの事案に係る情報を関係保護者と共有するために必要な措置を講じます。
  • 犯罪行為として取り扱われるべきいじめについては、教育委員会及び警察署等と連携して対処します。
(4)道徳教育・人権教育の充実
 生命を大切にする心や他人を思いやる心、善悪の判断などの規範意識等の道徳性を身につけるため、学校におけるすべての教育活動を通して道徳教育の充実を図ります。いのちを大切にする心を育む教育や人権教育など多面的な指導の展開を図る取り組みを進めていくよう努めます。
 
(5)情報モラル教育の推進
 情報教育の分野では、発信された情報が急速に広がってしまうこと、発信者の匿名性など、インターネットを通した情報の特性をふまえて、インターネットを通じて行われるいじめを防止し、生徒及び保護者が効果的に対処できるように、情報モラルに関わる指導や講話の取り組みなど、必要と思われる指導や啓発活動を行っていきます。
 
3 「片瀬中学校いじめ問題対策委員会」の設置
 いじめ防止対策推進法第22条に基づき、いじめの防止、早期発見及びいじめへの対処等に関する措置を実効的に行うため、「片瀬中学校いじめ問題対策委員会」を設置します。
 
 
(1)「片瀬中学校いじめ問題対策委員会」の構成
 校長、教頭、教務主任、生徒指導主任、いじめ防止担当者、学年主任、学年生徒指導担当、教育相談コーディネーター、養護教諭、スクールカウンセラー
※    必要応じて、専門的知識や経験を有する等の第三者の参加を検討します。
 
(2)活動内容
  • いじめ防止等の取り組み内容の検討、基本方針・年間計画作成・実行・検証・修正
  • いじめに関する相談・通報への対応、いじめの判断と情報収集
  • いじめ事案への対応検討・決定、事案の報告
(3)会議の開催
 週に1回開催される校内生徒指導担当者会にて併せて実施します。ただし、いじめと疑われる相談・通報があった場合には、随時緊急開催します。
 
4 重大事態への対処
 いじめにより、生徒の生命・心身又は財産に重大な被害が生じた場合や、相当の期間学校を欠席することを余儀なくされている等の疑いがある場合は、教育委員会を通じて市長に報告し、教育委員会と協議の上、「いじめ調査委員会」を設置し、迅速に調査に着手します。
 
(1)「いじめ調査委員会」の構成
 校長、教頭、教務主任、生徒指導主任、いじめ防止担当者、学年主任、学年生徒指導担当、教育相談コーディネーター、養護教諭、スクールカウンセラー
 
その他該当生徒との関係の深い教職員など必要と認める者
 
※ 事案内容により構成員については教育委員会と検討します。
※ 構成員については、専門的知識及び経験を有する者等の第三者の参加を図り、当該調査の公平性・中立性を確保するよう努めます。
 
(2)活動内容
  • 発生した重大事態のいじめ事案に関する調査
  • 調査によって明らかになった事実関係について、いじめを受けた生徒やその保護者に対して、適時・適切な方法での説明・報告
  • 教育委員会(市長)への調査結果報告
 いじめを受けた生徒又はその保護者が希望する場合は、いじめを受けた生徒又はその保護者の所見をまとめた文書の提供を受け、調査結果の報告に添えて市長に提出
 
5 その他
 
 いじめの実態把握、及びいじめに対する対応を適切に行うため、次の2点を学校評価項目におき、本校の取り組みを評価・検討し、その後の取組みに生かします。
  • いじめの早期発見に関する取組みに関すること
  • いじめの再発を防止するための取組みに関すること
 
H28年4月 一部改訂