第3回藤沢市初任者研修

日 時 :2020年10月27日(火)午後2時から
場 所 :教育文化センター
指導講師:藤沢市教育委員会 育指導課長兼藤沢市教育文化センター長 坪谷 麻貴

                   学務保健課 課長                                       近 尚昭

                 教育文化センター指導主事補助員         菅 章

                 教育文化センター指導主事                            溝尾 昌也 

受講者 :小学校初任者(32名)、中学校初任者(13名)、新採用養護教諭(2名)のべ47名
研修内容:「センター長講話」

     「教職員の服務について」

     「事例から学ぶケーススタディ」

     「半年の振り返りと情報交換」

 

       

研修成果

 センター長講話では「学校教育ふじわさビジョン」の基本理念、「藤沢の支援教育」の概要について話がありました。次に、児童生徒が自己肯定感をはぐくむためには、教師が児童生徒をほめることや一人ひとりへの言葉かけが大切であることを学ぶ機会となりました。最後に、常に「学び続ける教師であってほしい」という強いメッセージを発信して講義を終えました。

「教職員の服務について」の講義では、講師の近課長より教育公務員としての義務と身分及び勤務についての説明を受けました。初任者は教職員の職務上及び身分上の義務を理解し、職員の責任の重さや厳しさの認識を持つ機会となりました。

「事例から学ぶケーススタディ」の講義では、現在初任者が課題と認識している事例をもとにグループ協議を行いました。複数の事例について意見交換を行うことで、初任者それぞれが自分ごととして捉えることができる時間となりました。講義の最後には緊張もほぐれ、初任者同士のコミュニケーションが深まる時間となりました。

「半年の振り返りと情報交換」ではこれまでの振り返り、学級経営・児童生徒指導等で難しいと感じていることや課題を出し合い、情報を共有しました。