台風・地震等非常時に伴う自宅待機等の対応について

 

 

「午前7時」の時点暴風、大雨、洪水、暴風雪のうちどれか一つ警報藤沢市に発令され、登下校の安全が心配される範囲に出ている場合

  

 (1)自宅待機とします。授業開始時刻の連絡あるいは休校等の連絡は、なるべく早く学校からいたします。

 なお、暴風・大雨・洪水・暴風雪警報が解除されて、学校より連絡メールが送信された後においても、通学路等の状況により登校に際して危険度が高い場合であれば、ご家庭で判断していただき、登校を見合わせる等の対応をお願いします。

 

 

大規模地震(藤沢市で震度5弱以上の地震が観測された場合)もしくは東海地震注意情報・予知情報が発令された場合

 

(1)学校にいる場合=教職員の指示に従い、安全に集団下校します。その際は各地区解散場所まで原則として引率し、その後、保護者引き渡しとします。場所につきましては、「集団下校時の各地区解散場所」でご確認ください。また、状況により学校待機とし、保護者の方の迎えをお願いする場合もあります(例外として、保護者が引き取りに来れない場合は、保護者が指定した人物に引き渡します)。

(2) 校外行事等で校外にいる場合=教職員の指示に従い、安全に帰宅します。

(3) 登下校中の場合=直ちに下校します。その際は車に気をつけ、ガラスやブロック塀から離れて行動するよう指導します。ただし、帰宅するよりも登校が安全と判断した場合は、登校して教職員の指示を受けます。

(4) 自宅にいる場合=学校は臨時休業とし、家庭で安全に自宅学習とします。連絡メール、学校ホームページ等で次の日の登校等に関する連絡をします。

 

【連絡の方法】 

○学校から:連絡メール(連絡メール登録されていない方には電話等で連絡します)、学校ホームページにて 

 

【警報等天気予報の確認の方法】

○テレビのNHKデータ放送・dボタンを押す  ○電話『177』にかける

○携帯電話・インターネットの『気象庁』にアクセス