第6回 研究部会

日時:2017年9月7日(木) 15時30分から

場所:教育文化センター研究室A

 

   

 10月から行う研究授業指導案検討(3回目)を行いました。「児童・生徒が、調べたり考えたくなる教材、課題を設定する。」「調べ方、考え方のルールをどう見つけさせるか。」「日常的なことがらも条件を付けることによって問題になることに気づかせたい。」「多面的な見方ができ、その手法を用いる良さが感じられるように。」など議論が深まりました。池田先生からも多くのアイデアやアドバイスをいただき、皆で共有することができました。児童・生徒の興味を引く楽しい授業ができそうです。来月から月1回ずつ研究授業を行い、研究の柱となるテーマを探っていきます。

 


第5回 研究部会

日時:2017年8月4日(金) 13時から

場所:教育文化センター研究室A 

      

 10月から行う研究授業指導案の検討(2回目)を行いました。個々に作成してきた指導案を研究員皆で丁寧に検討していきました。「できた結果だけでなく方法にも目が向くような工夫」「バラバラに見えたものが実は同じだったんだねという統合的な見方」「条件を付け加えたらどうなるの、条件を変えたらどうなるのということから育てたい力へつなげられるのでは・・・」など多くのアドバイスを講師の池田先生から頂きました。楽しく興味深い、磨きがかった授業ができそうです。

 


第4回 研究部会

日時:2017年7月19日(水) 15時30分から

場所:教育文化センター研究室D

   

  

  10月より順次行う研究授業の指導案検討を行いました。生徒が「楽しそう」「やってみたい!」と思えるような導入や課題の提示、生徒が「えっ!」と思うような仕掛け、そしてそこからどう理解へ結びつけていくか・・・。生徒が「やってよかった」「知ってよかった」と思える授業になるよう、研究員みんなでアイデアを出し合いながら検討しました。

 


第3回 研究部会

日時:2017年6月21日(水) 15時30分から

場所:教育文化センター 研究室D

       

      

 今年度に行う授業の時期や単元・課題について検討しました。研究員各々の授業課題や授業作りに向けて、全員で意見やアイデアを積極的に出し合いました。池田先生からも的確な助言をたくさんいただきました。子どもが、「やってみよう」と思える課題、「やってよかった」「知ってよかった」と思える授業づくり、・・・。授業者として、各自のこだわりを持って取り組んでいこうと決まりました。

 


第2回 研究部会

日時:2017年5月17日 15:30~ 

場所:教育文化センター 研究室A

 

  

 

 横浜国立大学教授 池田敏和先生をお招きし、5名の研究員とともに算数・数学科研究部会の研究活動が本格的にスタートしました。今回は研究の方向性を検討するにあたり、日頃の授業で感じている課題について、研究員それぞれが話しました。研究員の積極的な姿勢と池田先生の的確なアドバイスでとても盛り上がり、具体的で奥深い内容を共有することができました。研究の柱となるキーワードがいくつか見えてきましたので、次回からはこれらをもとに各自で授業を組み立て、互いに見合いながら、研究の方向性を固めていきたいと考えています。

   


第1回 研究部会

 日時:2017年4月20日

 場所:教育文化センター CD会議室 

 

          

 『素朴な気づきを子ども自身が大切に感じられる授業づくり』をテーマに進めた

3年間の研究報告を先月27日(月)に行いました。

 今年度から、また新たにテーマを設定し、横浜国立大学教授 池田先生をお迎え

して授業研究を進めていきます。部会のメンバーも、研究員5人のうち4人と担当

者が替わりました。どうぞよろしくお願いします。