ページの先頭です

ホーム

教育実践臨床研究部会

教育実践臨床研究部会

<研究のねらい>
授業者の目指す授業に寄り添い、授業の中で起きていることを大切にした臨床的な授業の研究をとおして、授業とは何か、授業を研究するとはどういうことか、教師であるとはどういうことかを探究し、授業者の成長のみならず、ひろく教師の成長と日々の授業改善につながる知恵や技(臨床の知)を蓄積・提示する。

<研究内容>
「見えることからの授業の再構築」を研究テーマに授業実践研究を行い、子どもの学びを支える知恵や技の獲得を目指すとともに、授業研究の手法を記述し、成果を研究紀要にまとめ発刊する。

<講 師> 慶應義塾大学教授   鹿毛 雅治 氏

      元センター主任研究員 目黒 悟 氏

<研究員> 江原 竜平(鵠洋小)、飯島 大輔(村岡小)、諸星 紫織(秋葉台中)、深澤 馨(六会中)